書評

【書評】「世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方」

【テーマ】 自分がやりたいことは何か、どんな仕事をするべきか。 ビジネス書は溢れているが、既にやりたいことがあった人の話ばかり。自分の成功例を書いているだけでやりたいことの見つけ方は分からない。 この本では、自分の内面を深堀して、心からやりた…

課題に対して問題解決を行うための対策法と考え方

今日は問題解決のフレームワークについての記事です。

前田裕二「メモの魔力」まとめ。メモを取るメリットは「言語化」

こんにちは。ししゃもです。 前田裕二さんの「メモの魔力」を読んだので整理・アウトプットしていきます。 ちなみに、知らない人も多いと思うので… 前田裕二さんはSHOWROOMの社長です。個人的には一番特徴的なのは髪型だと思うのですがみなさんどうでしょう…

書評「ファストアンドスロー」私には全然合いませんでした

こんにちは。ししゃもです。 今日は「ファストアンドスロー」という本の書評を書きます。

書評「勉強の哲学」。意識的なバカと無意識なバカ、その間には大きな差がある

こんにちは。ししゃもです。 本屋で最初の1ページ目を読んだ瞬間に購入を決意し、それ以来いつ読もうかとタイミングを図っていた本があります。 千葉雅也「勉強の哲学」。 なぜ勉強をするのか?何が得られるのか?今が楽しければ勉強なんてしなくてもよいの…

野球をデータから考える。デルタベースボールリポート1でセイバーメトリクスについて知る

こんにちは、ししゃもです。 とあるブログを読んだのですが、そこで「多くの本を読むことで、世の中にはこんなにおもしろいことが存在しているんだ、と気づくようになった」という記述を見かけました。そういえば知らないことは楽しめないな、と思い最近はい…

投資の勉強として「敗者のゲーム」を読んだのでまとめてみた

チャールズ・エリス「敗者のゲーム」を読みました。 アウトプットとしてまとめて書評?を書きたいと思います。