日経新聞まとめ191216

「白いハッカー」に高額報酬、グーグルは1.6億円用意、データ防衛、敵を味方に。

 

Googleは2010年からソフトの不具合を見つけたハッカーに報奨金を払ってきた。
あらゆるものがインターネットに繋がる中、全ての穴を自分で潰すのは難しい。
国内は非を認めたがらないため金銭的お礼なし。感謝を伝えるのみ。誰がやるんだ

 

日英EPA、早期交渉へ、EU離脱後、車関税の即時撤廃を協議


EU離脱後は直接イギリスと交渉する必要。
EUと結んだ協定より、その前に結んだ協定の関税が高いが、そちらが反映されてしまうため

ドローン登録義務化、21年度中に、違反なら罰金、商用化へ事故防止。


オンラインで手続き、機体にIDを張りつけ。
将来的には現在禁じられている有人地域での非目視飛行を許可できるかも

パリ協定、波乱含みの船出、来月始動、COP25、ルール作り見送り、利害対立一段と。


企業はRE100など先を行くが、国としての方針はそこまで踏み切れない。
供給力を考えたら当然だが、再エネだけでは社会が回らん、どこに負担を押し付けるか

明治安田生命、内部留保を還元、21年にも新配当。


払われるのは死亡時、解約時。貰いすぎを抑制すぎるため?あまりに利益率が高いと批判があるのでそれを回避したい。

英「合意なき離脱」回避でも…、企業、関税復活なお警戒。


離脱で懸念されていたのは関税の復活。
特にEUへ輸出していた車関係が困る。

住友不動産、空き家を民泊などに、リフォームで利用後押し


リフォーム技術を活かして家の用途変更に対応。
新築そっくりさんは間取り変更も可能なため。

出口狭まるスタートアップ、評価高騰、M&A3割減、IPO、小型案件は敬遠。


金あまりによるVCの出資で企業価値が高騰しすぎ、上場のハードル上がる
M&Aは減損リスクから大会社はせず、IPOも幹事の人件費から小型は回避される


次世代の「冷媒」探索過熱、主流の代替フロンは温暖化作用高く、九州大学、分解しやすい新物質。


冷蔵庫は冷やすだけだからまだ簡単だが、エアコンは冷暖房どちらにも対応するので技術的ハードルが高い。
特許を手に入れたら莫大なリターン。