ふるさと納税で控除される上限の寄付額はいくらなのか?

f:id:sakanouenosisyamo:20181220165037j:plain

こんにちは。

この記事は

・ふるさと納税を行いたい
・実際いくら寄付できるのかを知りたい
・シミュレーションではなく年収で一覧でみたい

こんな人に対する記事です。

 


ふるさと納税は税金が控除されるオトクな制度である


ふるさと納税、もうすっかり市民権を得た言葉となりましたね。

今更説明は不要だと思いますが、選択した市町村に寄付を行うことで

・返礼品がもらえ

・寄付額-2000円が翌年の税金から控除される

制度という認識でいいと思います。

 


寄付方法はふるさと納税のポータルサイトに乗っている


実査に寄付する方法ですが、ふるさと納税のポータルサイトに詳しく載っていますのでここでは書きません。

ご自分でよく読んでサイトの言うとおりに操作を行えば失敗はありません笑

 

簡単に言うと

・ポータルサイトで支払う

・後日郵送される書類を寄付先の自治体に返送する

これだけの作業です。


控除される寄付額の上限シミュレーションサイトもある


ふるさと納税、つまり各自治体への寄付において問題となるのは

いくらまでの寄付が自己負担2000円で行えるのか?ということです。

 

これに関しても、ふるさと納税の各ポータルサイトはシミュレーションサイトを作り、私達のふるさと納税の寄付額の上限の参考になるような情報を与えてくれています。


簡易的に、見るだけで年収に対して寄付上限がわかる表がほしい

 

ただ、私が実際にふるさと納税を行う際に思ったのは、シミュレーションサイトにわざわざ入れるのめんどくさくない?ということです笑

 

なので年収がいくらなら寄付額の上限はいくらなのか?がわかりやすいような表を作りました。50万刻みです。

年収 独身or共働き 夫婦(配偶者控除あり)
300万円 28,000 19,000
350万円 34,000 26,000
400万円 42,000 33,000
450万円 52,000 41,000
500万円 61,000 49,000
550万円 69,000 60,000
600万円 77,000 69,000
650万円 97,000 77,000
700万円 108,000 86,000
750万円 118,000 109,000
800万円 129,000 120,000
850万円 140,000 131,000
900万円 151,000 141,000
950万円 163,000 154,000
1,000万円 176,000 166,000

 

はい。おおまかにこの金額以内で寄付を行えば自己負担2000円で商品がもらえます。

 

ちなみに私は泉佐野市に駆け込みでふるさと納税を行い、高還元率をGETしています。

 

来年からはどこに寄付しようか迷いますね。